岡山大学SiEED 公開講座 ✖︎ 岡山芸術交流2019 パブリックプログラム

アートから学ぶ新たな視点と思考 

- Visual Thinking Strategyで触れる岡山芸術交流2019

​​開催報告

2019年11月17日(日)に岡山市民会館および旧内山下小学校にて、「アートから学ぶ新たな視点と思考」を開催致しました。

Visual Thinking Strategy (VTS) は、アート作品の鑑賞を通じて鑑賞者同士で多様な意見を交わすことにより、現代の複雑化する社会において、様々な課題設定に求められる視野・観察力と、思考力を広げることを目的としたワークショップです。本公開講座では、岡山芸術交流2019の作品を対象としたVTSを行い、10代から70代まで幅広い年代の方にご参加頂きました。

​下記、当日の流れを報告させて頂きます。

①靴当てワークショップ

​講座冒頭では、「靴当てアイスブレイク」を行なった後、山下哲也講師によるプログラム概要の説明が行われました。

②旧内山下小学校でのアート鑑賞

​当プログラムの説明後、岡山芸術交流の会場である旧内山下小学校へ移動し、​「皮膜のプール」「ワイルドなシンセ」そして自由記述用のワークシートに感想を記入しながらアート鑑賞を行いました。

当日の皆さんのワークシートはこちらからご覧頂けます↓

ワークシート①:皮膜のプール

ワークシート②:ワイルドなシンセ

ワークシート③:自由記述

③グループ・ディスカッション
アート鑑賞後、記入して頂いたワークシートを元にグループディスカッションを行いました。
「こんな風に感じた人もいたんだ!」「ここは多くの人が同じように感じている」など、”アッとする驚き”と”共感”の連続。そんな刺激的でアッという間の時間を過ごし、VTSワークショップは無事終了いたしました。

本公開講座に参加して下さった皆さま、誠にありがとうございました。

Facebook記事はこちら

本公開講座に関するお問い合わせ先: sieed@okayama-u.ac.jp

岡山大学公式HP

© 2019 by Okayama University

  • Facebook
  • YouTube
岡山大学起業家精神養成学講座公式LINE